HOME > NEWS

NEWS

【重要】当校における【新型コロナウイルス感染拡大防止】への取り組み

早稲田ゼミナールでは

新型コロナウイルス感染拡大防止】への

取り組みを実施しております。

・講師・スタッフは、毎日の検温を実施します。

→検温の結果、37.4度以上の熱や風邪のような症状があるときは自宅待機とします。

・講師が37.4度以上の熱や風邪のような症状がある場合は、授業を休講とします。

→休講の場合は、後日振替授業を行います。

・感染防止のため、マスク着用・手指消毒を徹底します。

・定期的な校舎内の換気・ソーシャルディスタンスを十分確保出来る大きさの教室で授業を実施します。

→教室の扉を開けたままの状態で授業を行うことがあります。他の教室の音が聞こえることがありますが、予めご了承ください。

・ドアノブなどの頻繁に人が接触する箇所を定期的に消毒します。

→なるべく接触しなくて済むように玄関・教室のドア等は開放しております。

・自習室や食堂は、当面の間、利用制限をかけます。ご利用の際は受付までお越し下さい。

【ご家庭・在校生の皆さんへのお願い】

・登校の際はご家庭にて検温していただき、37.4度以上の熱や風邪のような症状があるときは、登校をお控えください。

・飛沫感染防止の観点から、校舎入館時・校舎滞在時にはマスク着用をお願いいたします。咳やくしゃみが出る場合は、袖やハンカチなどで口を覆うなどの「咳エチケット」へのご協力をお願いします。

・入退館時、設置している消毒液等で手指消毒を必ず行ってください。

・教室への入室時は、教室前に設置している消毒液等で手指消毒を行って下さい。

ソーシャルディスタンスを十分確保出来ない状態での私語はなるべくご遠慮いただきますようお願いいたします。

・感染拡大防止の観点から、校舎・自習室の窓や扉を開放しております。校舎・教室の衛生管理へのご理解ご協力をお願いします。

・校舎内で発熱や体のだるさ、咳・くしゃみなどが出るなど感染が疑われるような体調の異常を感じた場合は、速やかに校舎スタッフへお申し出ください。

ページトップへ