HOME > 学校案内 > 早稲田ゼミナールの歩み > 歴史と沿革

学校案内 早稲田ゼミナールの歩み

歴史と沿革

昭和6年
当校前身
「早稲田尚学会(私塾)」創設
昭和23年
「早稲田尚学会(私塾)」を「早稲田高等実務学校」と改称
昭和28年
早稲田高等実務学校の中に現在の前身である新形式の「大学受験ゼミナール科」を設置
昭和40年
早大正門校舎建て替え木造2階建→鉄筋コンクリート5階建校舎へ
昭和52年
三鷹男子寮完成
昭和53年
高田馬場本部校舎完成
昭和54年
設置者学校法人湖南学園となる
昭和56年
「専修学校早稲田ゼミナール」となる
昭和58年
創立30周年を迎える。
高田馬場に多目的新館が完成
昭和60年
早稲田ステューデンス(女子寮)開寮
平成元年
「専修学校早稲田ゼミナール所沢校」開校
平成2年
所沢校中学部を開校
平成4年
姉妹校「早稲田外語専門学校」開校
平成5年
創立40周年を迎える
平成7年
「早稲田カルチャービレッジ早稲田文化村)」誕生
平成14年
医歯薬獣医コースを充実
平成15年
創立50周年を迎える
平成16年
所沢校小学部・高校部を開校
平成17年
西葛西校(現役塾)を開校。
医系コースを早稲田ゼミ医進塾に名称変更
平成20年
創立55周年を迎える。
記念誌を刊行

ページトップへ